このブロックは画面サイズに応じてボタンの位置、大きさが変化する特殊なブロックです。PCサイズでは上部固定、タブレット、スマートフォンではナビゲーション部分が上部固定され、ボタン部分が画面最下部に固定されます。編集画面は実際の表示と異なります。プレビュー画面もしくは実際の公開ページでご確認ください。編集についてはヘルプ記事の「フローティングメニューブロックの編集」もご覧ください。

AR/VRで事業を次のステージへ

“Mogura NEXT”は、AR/VR/アバター(VTuber等)領域に特化した、コンサルティング・開発サービスです。業界随一のコンサルティング力を武器に、開発、調査、アドバイザリーなど幅広く企業・行政機関をお手伝いしています。

VR/AR/アバター活用でビジネスを変革するために

社内導入を成功させる
トレーニングや3Dデータの活用、シミュレーションなどユースケースは多く登場しているものの、VR/ARはただ導入するだけでは効果が出ません。既存のビジネスプロセスの中に上手くフィットさせることで効果的に活用することができます。
結果の出る計画を
VR/ARのプロジェクトや中長期計画などを検討する際、より有効な企画を立てるためには技術・業界動向や国内外の事例など情報収集が必要となります。
良いアプリを実装する
VR/ARには、万能薬のようなものはまだありません。アイデアを形にするためには、企画を仕様に落とし込み、課題ごとに適したデザインで実装を行う必要があります。
良いアプリを実装する
VR/ARには、万能薬のようなものはまだありません。アイデアを形にするためには、企画を仕様に落とし込み、課題ごとに適したデザインで実装を行う必要があります。

Moguraの強み
Mogura Nextでは、開発・コンサルティング・リサーチを通して、VR/AR/アバター活用を検討している企業を徹底的にサポートしています。

ニーズに寄り添う柔軟な提案力
Mogura Nextは御社の課題を紐解くところから取り組みます。目的や運用、費用負担などを踏まえ、ご相談ごとに最適解となる企画提案を行います。
あらゆる課題に応える高い専門性
今後の業界動向、事例、技術選定に関しては業界随一の知見を有しています。世界中の事例や将来予測を元に、磨き抜かれた独自の視点からアプローチします。
ネットワークを活かした高い開発力
ご相談に対しては、社内のスペシャリストだけでなく、必要に応じて社外のネットワークを駆使したチームで対応します。特に開発に関しては、VR開発会社UNIVRSと提携しており、開発力を強化しています。
ネットワークを活かした高い開発力
ご相談に対しては、社内のスペシャリストだけでなく、必要に応じて社外のネットワークを駆使したチームで対応します。特に開発に関しては、VR開発会社UNIVRSと提携しており、開発力を強化しています。

Mogura Nextを知る

過去に手掛けた実績、コンサルティングの具体的なメニュー等は資料に掲載しています。

開発

VR/AR/アバターを使ったアプリケーションの開発を行っています。コンサルテーションによる企画段階のサポートとゲーム業界出身の開発チームによるVR/ARの実装力を強みとしています。

建築・製造業・教育など幅広い業種でのトレーニング・リモートアシスト・シミュレーション・3Dデータ活用などをゼロからサポート。PoC、プロトタイプ、本開発、など各段階を開発も承っています。

これまでも大手企業様との開発案件を手がけています。

コンサルティング

MoguraのコンサルタントがVR/ARに関する知見を提供します。

・時間制のスポットコンサルティング
・プロジェクトに参加するアドバイザリー
・VR/ARのプランニングのフレームワークを活用した戦略立案

など様々な形式でご相談にのっています。

リサーチ

AR/VRへの投資や新規事業の検討にあたり、業界全体のレポーティングや特定分野に関するプレイヤー分析、将来動向などを整理し報告書としてお渡しします。

・VR/ARの長期的動向
・特定テーマにおける国内外企業の調査
・海外展示会、カンファレンス等のレポート

Mogura Next チーム

Moguraの代表・久保田をはじめ、各分野に専門性を持った面々でチームを編成しコンサルティング・リサーチ・開発の各ご相談に対応します。

久保田 瞬
コンサルタント/株式会社Mogura代表取締役社長

慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省入省。環境白書の執筆などを担当。

2016年に株式会社Mogura創業。

VRが人の知覚する現実を認識を進化させ、社会を変えていく無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。

永井 良友
コンサルタント / プロジェクトマネージャー & VTuber領域統括

早稲田大学卒業後、日立グループにてグループ全体のビジネスプロセス改善プロジェクトに従事。2016年8月より 株式会社Moguraにて開発チームのプロジェクトマネージャー、VTuber(アバター)領域統括などを担当。
浅沼 邦任
リード・エンジニア

Android、iOS、Steam、Oculus、Playstationなど数多くのプラットフォームでのゲーム開発を経験。プログラミングから3Dモデリングまで幅広く対応するゼネラリスト
山本 晋平

VR/AR/MR 開発プランナー

前職ではVRゲームの開発を担当。建築設計用のVRコンテンツの開発を主担当したほか、社内の豊富なデバイス類を使用した技術検証や自社コンテンツの製作を担当している。
自称VRゲームのプレイ本数は日本一(当社比)。その経験をUI実装などに生かしている。

畑田 裕二

リサーチ・アシスタント

東京大学大学院 学際情報学府 葛岡・雨宮・鳴海研究室 博士課程に所属。
2018年に東京大学工学部電子情報工学科を卒業、同年より同大学大学院 学際情報学府に進学。東大VRサークル UT-virtual所属。2015年よりMogura VRにてライターとして活動。ニュース記事の執筆や国内外のイベント取材を行う。VRというキーワードを軸に、研究・制作・普及啓蒙など幅広い活動を行なっている。

畑田 裕二

リサーチ・アシスタント

東京大学大学院 学際情報学府 葛岡・雨宮・鳴海研究室 博士課程に所属。
2018年に東京大学工学部電子情報工学科を卒業、同年より同大学大学院 学際情報学府に進学。東大VRサークル UT-virtual所属。2015年よりMogura VRにてライターとして活動。ニュース記事の執筆や国内外のイベント取材を行う。VRというキーワードを軸に、研究・制作・普及啓蒙など幅広い活動を行なっている。

VR開発企業と連携し、さらに高い開発力

Moguraでは、開発分野でVR開発企業UNIVRSと提携。「VRxBiz(VRクロスビズ)」という名称で共同開発等を行っています。Moguraのコンサルテーション力とUNIVRSの開発力という両社の強みを活かして、効果的なVR/AR/MRソリューションを提供することを目的としています。

ご相談に乗ります

Mogura NextではVR/AR/アバターの活用に関する相談を幅広く受け付けています。

お気軽にご相談ください。